仕事を知る/社員の日常

長く続けられる仕事、ずっと働ける会社。 #01 Mihoko Noto

名前: 能登 美保子
所属、入社年: ロイヤルリゾート株式会社 軽井沢駅前店
2004年入社
職種: 売買営業
現在の仕事内容: 別荘売買の仲介を行う仕事です
これまでの経歴: アパレルのショップスタッフ
なぜ不動産?: 知り合いの設計士さんに「不動産の営業をやってみたら?必ず実力がつきますよ」と言われたのがきっかけです
小さな親切心
について:
以前はお客様への心配りに重点においた「運動」でしたが、私自身が産休・育休をとらせていただいて、店舗の仲間や会社からのサポートと親切心を感じました。まずは身近な周囲への親切からすべては始まっているんだな、と思いました。

「これで終わり」がないから、続けられる仕事です。

アパレルという、まったくの他業種からこの会社に入って、今まであっという間に過ぎた感じがします。

もちろん入社当時は、早く不動産の知識を身につけるために無我夢中だったせいもありますが、今でも勉強は続いています。おおげさではなく、お客様の人生を左右しかねない商品を扱うので、「もうこれぐらいでいいや」という気持ちになれないんですね。

 

だからこそ、責任も大きいし刺激もありますが、なにより担当したお客様から頼りにされ、感謝されることが多いです。アパレルの仕事ももちろん勉強することはありましたが、これほど人から頼りにされることはなかったように思います。

 

自分の成長がお客様からの感謝に直結しているので、手は抜けません。 自分の成長が仕事、なんて、文字にすると格好良すぎですね(笑)

でも、本当なんです。

 

仲間も、軽井沢という場所も、包容力でいっぱいです。

不動産業というと、昔のイメージで、なにか体育会系とかちょっと怖い?男性社会のイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思います。 ロイヤルリゾートも、ロイヤルハウジンググループも、そんなことはありません。むしろ女性のほうが強いかも(笑)

社内でも今は女性の活躍が求められ、いろいろと働き方も気を使ってくれています。私もおかげさまで産休をとらせていただいて、また職場に戻ってこられました。

 

もともとアウトドアやスポーツが好きなので、休日も大事にしたい。

もちろん育児も、手探りで大変ですが必死で頑張りたい。

そして仕事も、お客様や理解力のある仲間のために全力で。

 

そんなすべてを受け入れてくれる包容力が、ここ軽井沢、そしてロイヤルリゾート軽井沢店にはあります。

 

これからは私も子供と、成長を競い合っていきます!

 

 

ENTRY(中途採用)