工事現場の人の挨拶

熱海ではここ数年、新築マンションを建てるので、うちのビル向かいに
大型車両の出入り口があります。

毎日かなりの数の大型トラックなどが出入りしておりますが、

最近あまり通らないのですが、そこにいる警備員さんは朝そこを通る人たちに「おはようございます」と言っていました。
といっても、人が通りすがること自体少なく、ちょうど出入口のところに普通の信号もあるので、そこに向かって歩いている人たちに挨拶するぐらいなのですが。

偉いな、と思いながらほとんどそこを通りすがるだけだったのですが、そういえばどうして挨拶を投げかけてくるのだろうかとふと疑問が湧きました。遠くから声を掛けてくるので、実は聞こえなくてスルーしてしまうパターンもありました。他に歩いている人も反応はそれぞれ、といった感じでした。
挨拶奨励、というのは社会人としての基本、工事などは大音量のため周囲に愛想良く・・・というのがあるのかもしれないのですが。

最近になって思い至ったのが、実は意識を向けさせる、起こさせるという意味も込めていたのかもしれません。

やはり、ぼんやり歩いて通り過ぎることが出来れば何事もないのですが、朝などはぼんやりしていたり集中力というか意識がきちんと働いていないことありませんか。工事現場の入り口でもやはり、何か起こらないとも限りません。

警備員さんは「おはようございます」を挨拶の意味と、意識を向けさせるための声掛けの意味と両方含めていたのだろうなと思います。
「何か起こることもあるので、気をつけてお通りくださいね」という警備員さんなりの小さなメッセージが込められていたのではないのかなと思いました。

挨拶の意味について、少し考えさせられた一日でした。