当たり前に感謝しようと思いました。

 私は、弊社事務所のゴミをビルゴミ捨て場に捨てに行く際に、

道端や廊下にゴミがある時は拾うようにしております。

 拾うようになったきっかけは、通勤の際にボランティアの団体の方が道端のゴミを朝から拾っている姿を見たことがきっかけです。

普段は気になりませんが、その日に限って目に留まったのは、昨日の帰り道に「あ、手袋落ちてる」と頭をよぎった記憶が残っていたからかもしれません。

普段は何とも思わないかも知れませんが、ゴミを捨てれば回収してくれる人がいて、道が汚れていたら綺麗にしてくれる人達がいます。

当たり前のことを当たり前だと無関心にならず、どんな人たちの力で当たり前になっているのか考え感謝し、これからも少しでも当たり前を作る一人になれるように心掛けていければと思いました。