修身斉家治国平天下

皆さまこんにちは! 

寒暖差のある日々が続いておりますが体調お変わりありませんか?

さて、今日はタイトルにある「修身斉家治国平天下」についてです。

先日読書をしていた際に初めてこちらの言葉を目にしまして、恥ずかしながら読み方すら分からなかった

ため、調べてみることにしました。

「しゅうしんせいかちこくへいてんか」と読むそうで、儒教の経典の一節をとった言葉でした。

儒教の教えの1つと言われてもまったくピンとこなかったのですが、  

意味を見ると「天下を治めるには、まず自分の行いを正しくし、次に家庭をととのえ、次に国家を治め、 

そして天下を平和にすべきである。」とあり、この考え方は弊社が心掛けている”親切心”に通ずるものが  

あるなぁと思いました。     

親切心においても急に全てのことはできないですし、すぐに凄いこともできません。

まずは自分の姿勢を正して、次は身近な人(家族や友人知人など)に親切にして、そうしてやっと見知らぬ人

にも親切にできるようになると思います。

この言葉は小さなことから1つ1つ確実に、順番に取り組んでいくことの大切さを説いてくれているような

気がしました。

始まりは1つの小さな親切心でも、水面に波紋が広がるようにいつか大きな輪になることを信じて、

今後も取り組んでいきたいと思いました。