理事会での「小さな親切心活動」

  私はの住むマンションは築45年、今、大規模修繕工事の真っ最中で月曜から土曜日には工事業者が大勢きて色々なところを直しています。最寄り駅から徒歩15分。隣は公園があり、子供を育てながら住むには最適です。そんなわけで、買い替えで小さな子供をママチャリに乗せるファミリー層から、お年寄り世代までが暮らしています。ただ、管理組合の理事は年々なり手が減り2年前にやったばかりなのに今年はまた担当することになりました。

 5/12()13()は駐輪場の1年に一度の更新日でした。毎年くじ引きで駐輪場所を決めるのですが今年は大規模修繕で自転車を外に出せないため、場所は変えずに利用料の集金のみをしました。そして、環境整備と呼ばれる私たち(メンバー2)の受け持ちの仕事がこの駐輪場の更新でした。相棒はとても真面目なので仕事は率先してやってくれます。でも年中無休の飲食店勤務で今回は土日で休みが取れませんでした。

 それでも理事の皆さんは皆協力的で積極的に1日約2時間の仕事に手を挙げて手伝ってくれました。おかげさまで今回登録に来られなかった人への次の駐輪場の登録日時の連絡と、駐輪場所の交換をクレームした方への対応をして、その日の仕事が終わりました。