笑いの連鎖

ある日電車に乗ると、そっくりな双子の赤ちゃんが乗っていました。

二人ともご機嫌で、とてもかわいくついつい目を奪われてしまいました。

しばらくすると、一人の子が外を見て大笑いをしました。

すると、もう一人もつられて大笑い。

さらに、二人を抱いていたご両親も大笑い。

それを見て、また双子が大笑い。

周りもつられて大笑い。

なんとも幸せな光景でした。