師走のスーパーにて

新しい年を迎え、いかがお過ごしでしょうか?

年末に近所のスーパーにて小さな親切(?)のエピソードがありましたので

書き留めたいと思います。

我が家の近所のスーパーは元旦から3日まで休みに入るため、

12月30日・31日は年始に向けた買い物客でごった返していました。

大晦日に妻と買い物に行った際も混雑しており、私たちはたまたまカートを

手にすることができたのですが、普段なら入り口に用意されている買い物カートは

すべて出払っており、多くのご高齢の方もカートを使えず手にカゴを持って買い物をされていました。

野菜売り場で妻と品定めをしていたところ、近くにいたご高齢の女性の方が

「良い大根を選んでくれないかしら」と声をかけてきました。

妻が大根の見定めをしてその方にお渡ししたのですが、手に持たれていたカゴに大根を入れると

随分重そうにされていました。

「ほかに買うものはありますか?よければこのカートをお使いください。」とカートをお譲り、

レジまで買い物のお手伝いをしたところ、大変感謝されました。

レジの自動化や店舗の大型化など、若い方にとっては利便性が高くなったと思う反面、

高齢の方のスーパーでの買い物はとても不自由になってきたと感じます。

高齢者事業を展開している当社の一員として、日常生活においてご高齢の方の小さなお手伝いを

心がけていきたいと思います。