ネコ大脱走

 こんにちは。

勝どきビュータワー店の岩永です。

私事ですが今年の4月、晴海のマンションに仮住まいのため引っ越しを行いました。

それまで住んでいた豊海住宅が再開発に伴う建物取り壊しと、建築のため、約6年間仮住まいとして移るためでした。

その引っ越し当日の出来事でした。

ウチには、飼い猫が2匹いるのですが、そのうちの1匹、テト(雑種、オス、8歳)が廊下側の窓から脱走してしまったのです。

引っ越しのために家の中を片付けていた際、ホコリがたくさん舞っていたので、換気のためにどこかしこの窓を開けていました。

引っ越し作業も少し落ち着いたころ、近くのコンビニに昼食と飲み物を全員で買い物に出かけました。

その間に事件は起きていたのです。

玄関側共用廊下に面した和室の窓は、掃き出し窓ではないものの、腰窓程の高さもなく、猫が難なく前足をかけられる程度の高さでした。

窓の外に柵が設置されていましたが、まぁご存じの通りネコちゃんは頭が通ればどこでも難なく通り抜けられるため、そこから脱出を図ったようでした。

もう1匹のフラン(アメリカンショートヘヤー、オス、9歳)はビビリな性格のため、自分から外に出ようとはしないので、おとなしく家で待っていました。

そこから家族全員で近隣の捜索活動が繰り広げられましたが、見つけること叶わず。

一旦家に帰ってきて、ママが迷いネコのチラシをすぐに作成し、近隣のコンビニに配ったり、ママ友のライングループ等で一斉送信したりしました。

テトはもともと野良猫を知人が拾って、それを我が家に迎えたネコだったため、また自由を求めて旅立ってしまったのかと私は自分を納得させようとしていました。

そんな時、事態は急転しました。

迷いネコのチラシに記載したママの携帯が鳴りました。

「テトちゃんと思われるネコを保護しました。」とのこと。

急いで現地までママと一緒に自転車で駆け付けると、ケージに保護されたテトそのものではありませんか。

見つけてくれたママ友のママ友に丁寧に感謝とお礼を伝え、テトは無事に新居まで連行されました。(笑)

何がすごいかというと、ママ友のネットワークは「恐るべし!」ということを実感した一日でした。

岩永