思いやりと行動

冬の寒さが少し和らいできて、花粉症のわたくしには少しツライ季節ですが外出するのに気持ちのいい日が多くなってきましたね!

さて、今日は先日あった通勤電車の中での出来事をお話させて頂きたいと思います。

毎日の通勤で利用をしている大江戸線での出来事ですが、仕事終わりの時間ということもあり車内は朝ほどの混雑ではありませんでしたが座席は全て埋まっている状態でした。
そこに荷物を抱えた妊婦さんも乗車してきまして優先席の前に移動しましたが、優先席に座ったままのサラリーマンや若いカップル、スマホゲームに夢中になっている方などでその妊婦さんが座席に座れずにいました。

わたくしも気にして様子を見ていたところ、真っ先にその妊婦さんに声を掛けて座席を譲ったのがおそらく観光などで日本に来ていた外国籍の男性でした。
その方も自分の大きな荷物を抱えた状態であるにも関わらず、何も迷うことなく自分の席を空け、一生懸命なカタコトの日本語と身振り手振りで自分の座席に案内をして妊婦さんは座席に座る事が出来ました。

この一連の出来事を見ていて他人に対する気配りやちょっとした優しさ、それをきちんと行動に出来る事は国籍関係なく人としてとても大切な事だと改めて考えさせられました。

駅前店 剣持