グローバル化で進む 日本の《おもてなし》の心

 公共住宅賃貸募集センターの田邊です。

暑いですね!!(-_-;)
7月は雨ばかりで太陽が恋しかったのに、今では雨が恋しいくらいの猛暑で、
熱中症には充分に気をつけましょう☂

数日前に家族で伊豆方面に出かけたのですが、その帰りに折角だからと
熱海城】と【小田原城】を観てきました。

《熱海城》
 
《小田原城》
 
 
 
 
 
 
 

小田原城には特に外国人観光客の方々が多く、この日も猛暑だったのですが、それにも関わらず、この日本が誇る壮観な城をじっくりと見入っていました。
場内には至る所に《案内板》が立てられているのですが、外国の方には解読が出来るのだろうか?と、ふと心配になりましたがそこは心配無用のようです。

全ての歴史の解説を訳すのは流石に難しいと思いますが、外国人向けにパンフレットが用意されていて、要点をガイドされているようです。

                            英語

 
スペイン語
 
 
 
このように、日本の至る所で今、オリンピックのことも考えて外国人向けに解り易くガイドする動きが進められていますね♪
例えば数年前から自分自身が気になっていたのが、電車内の路線図表記やアナウンスに、“OE16”などの表示やアナウンスを見聞きするようになったことです。
OE=小田急江ノ島線 16=駅の番号(ちなみに16は江ノ島)
 
駅名だけの表示やアナウンスだけでは、うっかり聞き逃してしまうかもしれませんが、これならば特に外国人の方には解り易いとですね♪
 
 
 
 
 
また、グローバル化が進むため、道路標識や町に案内看板などが増々変わってゆくでしょう。
 
日本の親切心【おもてなし】の心ですね☆彡